今すぐお金を借りたいなら遅延損害金には気を付けて

お金を借りる時は、ちゃんと最後まで返済できると思って借りる物です。 無理のない返済計画を立て、それに合わせて毎月コンスタントに行っていくのが一般的となっています。 しかし何かしらのトラブル等があると、どうしても返済が滞ってしまうことは誰にでも可能性がある話です。 金融機関側としては、しっかりと約束をしたのだから返済してもらうのがあたりまえのこと、しかし決められた日までに返済してもらえないと、それだけ迷惑を被ってしまうことになります。 そこで、借り主の側には滞った事に対するペナルティとして、貸し主の側に損害金を払う事が定められているのです。 その損害金の事を遅延損害金と呼びます。 とはいえ、迷惑をかけたからと言ってあまりにも法外なお金を要求されるわけではありません。 一般的な借り入れの利息と同様に、利息制限法と出資法でその上限が定められているからです。 では返済が遅れるとどれくらい遅延損害金を払う必要があるのでしょうか。 例えばまだ借入残高が15万円残っていて、返済期限から10日遅れてしまったとしましょう。 法律によりこのときの金利の上限は年利29、2%となっているので、それが適用されて計算されます。 すると、実はその金額は1200円になってしまうのです。 これは残高の金額が小さいのでこれだけで済んでいますが、借入額が多く、遅れた日数が多ければ多い程遅延損害金は多く払わなければいけなくなります。 また延滞すると金融機関からの信用も失ってしまうので、延滞しないように注意が必要です。

便利なカードローンでお金を借りるには

カード・ローンは審査によって設定された利用枠の付されたローンカードを使い、金融機関やコンビニなどのATMでキャッシング(現金の借り入れ)ができるものです。 利用枠は申込時に収入や勤務先、雇用形態、他の借入件数や借入額、過去の延滞歴などを総合的に考慮して、審査によって決定されます。 たとえば、利用限度額が50万円という場合、ローンカードを使って50万円に達するまで何度でもキャッシングができることになります。 銀行のキャッシュカードの場合は、自分の口座にお金がある限り引き出しが可能ですが、ローンカードは利用限度額の残高がある限り、引き出しによる借り入れが可能ということです。 もっとも、キャッシュカードで引き出した場合は返済の必要はありません。 それは、自分のお金なので、どうしようと自由だからです。 一方、キャッシングは借金です。 借り入れたお金の使い道は自由ですが、約束の日に利息を付けて返済をしなければなりません。 通常、毎月一度、特定の日に返済日が設定され、予め定められた約定返済額を少しずつ返していくことになります。 たいていの場合、銀行口座を指定して自動引き落としによる返済になるでしょう。 ただし、約定返済以外にも随時返済や一括返済をすることは可能です。 その場合は、ATMにローンカードを挿入し、所定の操作をして現金を振り込めばいいのです。 借り入れも返済も簡単な手続きでできるので、1枚持っていると便利ではないでしょうか。

2017年までは、銀行でお金を借りるのは難しくなかったが、今は!?

今や銀行から簡単にお金が借りられますよ!※2018年から銀行からの借入が難しくなりました。 銀行からお金を借りる際には、どうしても使途や用途を明確にしておく必要がありますよね!これは一般的なローンを組む際には重要になります。 しかしながら最近は大手メガバンクを始めとして、どんどんキャッシング業に銀行が参入しているので、キャッシングサービスを通して、融資を気軽に受ける事が出来るようになってい るのです。 幸いにも他の金融業者と同様に、利用に当たり用途や使途が問われないのでとても使い勝手が良いのです。 キャッシングサービスを通して銀行からお金を借りるには、その方法として店頭窓口、テレビ窓口、電話、郵送やインターネットなど、さまざまなオプションがあるので、利用時の気分 や利便性に応じて選ぶことが出来ます。 しかも融資金額が柔軟であることも銀行からお金借りたい際のメリットです!一般的にキャッシングサービスの融資枠は10万円〜100万円程度ですが、最高で800万円もの融資を 行っている様な銀行もあるのです。 総量規制のことをご存知の方は自分の年収と照らし合わせると、このような高額融資は到底受けることが出来ないと思うでしょうが、銀行は消費者金融などとは違って総量規制の対象外 ですので、年収が届いていなくても高額融資を受けることが出来るのです。 しかも100万円以下で銀行からお金を借りる際には、所得証明の提出は不要で身分証明書だけで良いので、手続きもとても簡便で楽なのです。 銀行から即日融資を受けるなんて想像も出来ないかも知れませんが、キャッシングサービスなら可能なのでオススメですよ!